FXがなぜサラリーマンに適した投資なのか?

FXがなぜサラリーマンに適した投資なのか?

FXは24時間取引が可能

大半のサラリーマンの方は、朝早くに出社して一日夜まで仕事をしています。
そんなサラリーマンの皆様が投資をする場合、色々な投資商品がある中でも、FXがおすすめできます。それはなぜなのか?
その最大の理由は、取引時間。
FXは土日を除く24時間(※)の取引が可能となっているため、日中働いているサラリーマンの方でも積極的に投資に参加することができるのです。

まずは、株取引とFX取引の取引時間を比べてみましょう。

株取引とFX取引の時間比較

株取引時間

午前9時~午前11時30分(前場)/午後12時30分~午後15時(後場) (土日や祝日を除く)

FX取引時間

24時間取引可能(土日を除く)※

FXは土日を除き基本的に24時間取引ができる特徴があります。株の取引時間は、一般的なサラリーマンは働いている時間帯です。そんな時間帯に株取引を行うと値動きが気になって本業にも影響を与えてしまうかもしれません。
その点FXは24時間取引が可能のため、仕事を終えてからでも取引をすることが可能です。

※月曜午前7:00~土曜日午前6:55(冬時間)/月曜午前7:00~土曜日午前5:55(夏時間)

FXが24時間取引できる秘密は?

FXはなぜ24時間取引ができるのか?
その秘密は、FXは世界中に市場があるからなのです。
FXは世界中で取引されており、オセアニア市場→ヨーロッパ市場→ロンドン市場→NY市場と順番に各市場がオープンしていきます。
その中で、最も参加者が多くなるゴールデンタイムは日本時間の夜22時半頃となります。
この時間帯は、ヨーロッパ市場、ロンドン市場、NT市場がオープンしているため、取引参加者が増加し市場が活性化するのです。

世界の市場

日本のサラリーマンのためのゴールデンタイム?

夜の22時頃は、サラリーマンの方々が少し残業をして家に帰り、食事やお風呂を済ませた頃ではないでしょうか?
FXでは丁度この頃がゴールデンタイム。まるで日本のサラリーマンのために用意されたような時間帯がFXのゴールデンタイムなのです。

これがサラリーマンを中心にFXがブームになっている理由の1つです。昼間はしっかりと働き、家に帰ってからはサラリーマントレーダーになっている人は、実は意外と多いのです。

小額からスタートできる

FXはレバレッジがかけられるという特徴があるため、株のように多額の資金を要することはありません。
株式には単元という株ごとに単位が設定されているため、最低でも数万円の資金が必要となります。トヨタなどの大手企業の場合、最低でも70万円程度の資金が必要です。
一方FXの場合はレバレッジが使えるため、数千円から取引することが可能となっています。

レバレッジとは?

レバレッジとは別名テコの原理のこと。FXは外貨預金とは異なり資金(取引証拠金)に「レバレッジ」をかけることで何倍もの金額の取引ができるようになります。
普通なら、10万円の資金であれば10万円分の取引しかできないですが、しかし10倍のレバレッジを使うと、取引できる金額が10万円の10倍の100万円となります。

経済に敏感になる

サラリーマンは経済に関する知識が求められます。
通勤電車の中、日本経済新聞を愛読しているサラリーマンを多く目にします。
限られた時間内で、今日本や世界で何が起こっているのか、最新の情報を常にキャッチアップすることは仕事にも生かされます。
FXは経済と直結しているので、必然的に世界の経済ニュースに敏感になるというメリットもあるのです。

まとめ

以上のことから、FXが日本のサラリーマンに最適な投資の1つであることが理解できたのではないでしょうか。
まずは数千円程度からでも、FXという資産運用を始めてみてはいかがでしょうか?

初心者がFXを始めるのにオススメ会社

初心者にオススメ!外為どっとコム

DMM FX

DMM FX
FXがなぜサラリーマンに適した投資なのか?